スポンサーリンク

沼津サーフ釣行(2018/9/29) ~魚は必ず居る~

こんにちは!ケローネです。

本日は台風接近ということでサーフは厳しいかな?と思ったので沼津のゴロタにショアジギングしに行って来ました!

中潮で朝マズメから満潮までの上潮での釣行となりました。

最初はそこまで波が高く無く、まぁこれなら出来るかな?という感じでした。

潮が満ちてくると共に波が高くなっていく感じでした。

海ですが、なんだか濁りもあるし、荒れているから魚居なそう・・・と思ったものの、ジグから感じる潮の感覚は悪くありませんでした

これは釣れるパターンだと確信しました。

色々探って、表層よりボトムだと感じたため、ボトムを念入りに探りました。

最近の台風のせいか、着底のカウントが結構バラバラでした。

カウント20くらいの時もあれば、カウント30を超えるところもありました。

とにかく、ボトムを取り、シャクっていると潮でジグが重くなるレンジがあり、そこを念入りに探っていると遂にアタリが!

慎重に手繰り寄せますが、ライン越しに「ギギギギギ」と嫌な感覚が伝わった瞬間にフッと。。。

はい、根ズレですね。。。

ジグも無くなるし、またFGノット結び替えです。。。

久々の魚だったので本当に悔しいです。

めげずにその後も同様の釣り方をしていると、再度ヒットしました!

今回は根ズレに気を付けながらやり取りしたものの、手前に来た際にまた根ズレが起きてしまい、ラインブレイク。。。

パワーがあるのでボトムから引っ剥がせないのが原因でした。

もっと一気に巻き上げてボトムから引き剥がさないと駄目なんですね。。。

そして、3度目の正直と思って集中し、なんとか3度目のヒット!

とにかくゴリ巻きして、上へ上へと手を止めずに巻き上げ、遂にランディング成功!

ボトムだし引きも強いからカンパチかな?と思っていたら、まさかのヒラソウダガツオでした。。。

ん~、カンパチだったら良かったのに。。。

その後、いよいよ波が高くなり、足元にまで波が届き始めたので撤収!

この堤防がここまで波で覆われるのはそうないですね。

この岬なんて、先端の崖は結構高さがあるのですが、打ち寄せた波が10mくらいは立ち上っていました。

もっと高い位置まで波が上がっていたのも見ました。。。

余り無理も良くないので、もっと釣れたはずですが撤退です。

集金のおじさんには、今日は人がいないと思ってたらいたから驚いたよって言われました(笑)

あと、最近は殆ど釣れてないようです。

ヒラソウダの話をしたら釣れたの!?って驚かれました。

スポンサーリンク

本日のヒットパターン

<ヒラソウダガツオ>

以前も書きましたが、潮を感じる(ジグが重くなる)ところには魚が居ることが多いです。

それを今回感じ取れたので、そこを念入りに探るとヒットが続きました。

今回、その潮のレンジはボトム(カウント25前後)から5~6回シャクった辺りでした。

経験上、絶対そこには魚が居る。

釣れないのであれば誘い方やルアーなどが原因だと思っています。

居ないと思って探ると、結構それって誘い方にも出るんですよね。

居る!と思って誘っている時のジグは生き生きしています(笑)

今回、ボトムから引っ剥がす、というランディングを勉強させて貰いました。

余りこういう根ズレするようなランディングをしたことが無いので、また一つ経験を積めました。

しかし、本当に腕がパンパンです(;・∀・)

では!

※明日は本気で釣り出来る天候では無いと思われます。。。