スポンサーリンク

沼津サーフに釣りに行く前に

こんばんは!ケローネです。

皆さん、釣りに行く前に気になることってありますよね。

そう、それは天候です。

晴れや雨だけではなく海の状況や風なども重要です。

強い向かい風だと飛距離が出ない上に波が立って釣りにくいです。

強い横風だとラインが流されてエギングはほぼ釣行不可能になります。

皆さんはどの風予報を見ていますか?

ケローネはSCWを見ています。(昔はGPVを使っていました。)

こちらはスマホユーザー向けで作られていて、風予報の精度はかなり高いです。

上の画像がそのイメージですが、これを見て入るポイントを選んだりしています。

例えば、この画像だと沼津は強い向かい風ですが、実は対岸の三保サーフだと追い風になっているので、どうしても釣りに行きたい時は三保サーフに遠征することもします。

一般的な天気予報でも風予報は出ていますが、観測地点が沿岸部では無いことが多いので、正直精度は期待出来ないです。

結構沼津の風って一定方向では無く、渦を巻いていることが多く、内陸部では北風だけど沿岸部は南風なんてことは良くあります。

沼津という大きなくくりの天気予報にある風予報だと北風と出ていたから、追い風になる!と思って行ってみると真逆の風でションボリすることも少なくないはずです。

自然相手なので100%はありませんが、かなり信頼出来ます。

ちなみに、矢印が紫色だと弱い風で向かい風でも気にならないので、基本紫色なら行きます。

ただ、青色でもまぁまぁ耐えれますが、緑色や赤色で追い風以外は絶対に無理ですね。

<おまけ>

皆さん、もしリアルタイムで沼津サーフが見れたら・・・と思うことは無いでしょうか?

実はあるんです、そんな便利なものが。

ただ、リアルタイムと言いつつも一定間隔の静止画にはなりますが、かなり重宝しています。

何に使うかというと、波の状態とサーフの混み具合です。

やはり、ウネリや向かい風で波が立っていると釣りにくいので、様子を行かずに見れたらと思うことがあるかと思います。

そんな願いを叶えてくれているのが国土交通省が運営してくれているリアルタイム防災情報です。

こんな感じで富士海岸の防災の一環で設置されたライブカメラが公開されています。

これで自分の入りたいポイントを選びます。

朝マズメのチェックだとこんな感じ。

見ると分かりますが、かなりウネリが入っていて正直この感じだと相当釣りにくいです。

目安として、波打ち際の白波が立っていると結構うねっている証拠です。

ただ、静止画なので引き波とかを抜いた画像だと白波が見えないので、他のポイントなども見ると、こっちでは白波が出ている、という確認が取れたりします。

また、少し前にカメラが変わったのかソフトが変わったのか知りませんが、夜でもかなり明るく映るんです。

夜でも波の状況が分かりますし、人の混み具合も分かってしまいます。

このサイトは本当に良く使います。

興味本位ですが、台風の時とかに見るとビビるような状態になっていることもあります。

ただし、台風の時は良く壊れているのか配信が止まっていたり、カメラが明後日の方向を向いていたりします。

そんなこともありますが、参考にして貰えればと思います。

では!