スポンサーリンク

遂に家購入!静岡移住からの家完成までの苦労 ~その1~

こんばんは!ケローネです。

早くも移住から一年少々経ちましたが、いよいよ家購入に至りました!

まだ設計中なので、完成まで段階を追って随時更新していきます。

今回は沼津での土地探し状況を書いていきます。

スポンサーリンク

どこで土地を探すか?

今回、静岡への移住の中で、会社への通勤のしやすさは当たり前ですが重要な要素です。

新幹線で三島駅から東京方面に通勤する為、三島駅へのアクセスが重要。

欲を言えば三島駅を最寄り駅にしたかったけど、嫁の関係で却下。

今より遠くなるのは論外であるのと、沼津駅より西に行こうとすると沼津駅で乗り換えが発生したり終電が早いなど、遠距離通勤者には厳しい課題が残るので片浜駅以西には行きたくない。

この消去法で沼津駅を最寄りにすることなりました。

沼津での土地探しの課題

沼津駅徒歩圏内で探すと結構無いんですよね。

沼津は土地柄いくつかの問題を抱えています。

海が近いので津波の心配がある(東海地震も言われているので)
地名に「沼」が入っているように沼地だったので地盤がゆるい

1つ目に書きましたが、一番はそもそも東海地震が騒がれている県ですので、海近エリアは津波の心配がされています。

そんな時は沼津市が出しているハザードマップを参考にします。

とは言っても目安程度にしかなりません。

想定外、地震が起きる度に聞く言葉と言っても過言ではありません。

また、2つ目の沼地だったことで地盤が砂地となっており、非常に地盤がゆるいです。

よって、地震が起きれば液状化、起きなくても地盤沈下といろいろ課題があり、家を建てる場所も限られている感じです。(これも上記のハザードマップに載っています。)

ただ、この地盤の問題は地盤改良で改善は出来ます。

問題は土地がある程度安く手に入っても、地盤改良で数百万掛かったらどうでしょうか?

なんか勿体無いですよね。

ある程度地盤がしっかりしていたとしても、地下はどうなっているか分からないので地盤調査はしっかりやりましょう。

そういう視点で見るとリスクとのバランスが非常に難しいし、やはり良いところは既に人が住んでいたりするので土地が売り出されていなかったりと、土地探しでも結構時間がかかりました。

沼津市で家を建てると補助金が出る

意外に大きいのは沼津市は県外からの移住者で住宅取得かつ若い世代(40歳未満)へ補助金を出しています。

予算枠があるので早い者勝ちですが、110万円の補助をする「若者世代住宅取得促進事業」というものがあります。

また、条件により上限が150万円までになり、ケローネは中学生以下の子供が2人いるので20万加算されて130万円の補助金となります。

使わない手はありません!

これで家具や家電を買うも良し、車を買うことだって出来ます。

※2019年4月現在で4千万円の予算残らしいです。

ららぽーと沼津できんぞ!!

2019年秋頃になんとららぽーと沼津が完成します!

今着々と工事が進んでおり、周りの道も渋滞を考慮して改修が進んでいます。

とは言っても渋滞はすると思うので、特に国道一号線がどうなるのか心配の種ではあります。。。

でも、静岡初出店の店や今まで静岡の「MARK IS」や平塚の「ららぽーと」に行かないと行けなかったショップにチャリでも行けるようになります。

これで街がもっと活性化すると良いのですが。

昔は沼津駅前は西武百貨店があったりと栄えていたらしいんですよね。

ちょっと期待しています。

まとめ

沼津に住む場合は、何らかのリスクを伴う可能性があります。

ただ、どこなら安全、ということもありません。

地震はどこで起きるか分かりませんし、都心だとテロやミサイルが飛んで来る可能性だってゼロとは言えません。

ケローネの場合は海での釣りも重要であるため、リスクは極力を減らしつつ満足の行く場所を選びました。

多少不便やリスクはありますが、家庭の事情も考慮して沼津市がベストアンサーでした。

では!