スポンサーリンク

上達への近道!ショアジギングの思考法

こんばんは!ケローネです。

タイトルになかなか自信たっぷりのことを書いてますが、これをやれば釣れる、上手くなるという直接的なことを書くつもりはありません。

もっと言うと書けません(._.)

今回は、少し前のケローネの思考法と今のケローネの思考法の違いによる釣果の変化を含めて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

少し前までの思考法

皆さんはショアジギングをしに行き、釣れなかった時ってどうされてますか?

色々振り返るとは思いますが、ケローネは大体こんな感じでした。

・魚が居なかった、回遊が無かった

・向かい風、ウネリのせいで釣れなかった

・ナブラや鳥がおらず活性が低かった

大体こんなことを考えたり思ったりして、次行けば釣れるさ!タイミングや環境の問題だとしてそれ以上考えることをしていませんでした。

実際にそういう原因の時もあると思いますが、それでも釣る人がいたりするのも事実。

簡単に言うと今日は釣れなかったけど、明日なら釣れるかも?という惰性の釣りです。

もちろん、新しいジグやタックルを変えたりはしていましまが、ざっくりそんな感じでした。

今現在の思考法

魚がいない、と言うのも理由の1つです。

ただ、それだけで済ませてしまっては進歩はありません。

特にショアジギングは青物が対象になることが多く、この青物には回遊というキーワードが付きまといます。

回遊が無ければもちろん釣れません。

これが次行けば釣れるだろ、というある意味ポジティブな考えにしてしまう事が多いのかなと思います。

ケローネはそれを長年続けていましたが、最近は考え方を下記のように少し変えました。

魚は居たけど釣れなかった

これだけです。

こう考えられるようになると、何が悪かったのか?どうしたら釣れていたのか?という思考に変わります。

例えば、表層、中層、低層全てを探って釣れなかった=魚が居なかった、となることがあると思います。

しかし、この時全てのアクション、ルアーを使い切ったか?と言われると正直なかなか全部試すのは難しいと思います。

ジグでやり切ったとしてもプラグまで手が出せていなかったり。。。

釣りはトライ&エラー

実は釣れなかった時はチャンスでもあります。

ケローネもそうですが、釣れた時ってある意味正解を得たようなものなので、これで良かったんだ!次もこれで行こう!となりますよね。

そうなると、新しい釣り方にチャレンジしようとはなかなか思えないものですよね。

でも、釣れなかった時に、魚は居たけど釣り方が悪くて釣れなかったと思えるようになったら、今までやらなかった釣り方にチャレンジするチャンスが生まれ、それは自分のノウハウの引き出しを1つ増やすことに繋がります。

新しい釣り方で釣れなくても良いんです。

それも引き出しの1つになり、将来の自分のテクニックの1つになるはずです。

ケローネはこの考え方でボトムにいるシイラを釣る、という今まで表層の釣りだと思ってたターゲットを新しい釣り方で釣れるようになりました。

固定概念は捨てろ

ショアジギングでは無いのですが、釣りのセンスがある人と釣りをしたことがありました。

その時はエギングをしに行き、その人はエギング初体験でした。

アオリイカ狙いで行き、その人にシャクリ方を教えたものの、その場は誰も釣れず。。。

そんな中、その人はこうすりゃ釣れんじゃね?ってボトムをモゾモゾエギで探り始めました。

いやいや、アオリイカはシャクリ命ですよ、そんなんじゃ釣れませんって言ってる横でコウイカ釣ってました。。。

ケローネの中でエギングでボトムをモゾモゾ探るなんて考えは一切ありませんでしたが、その人はあっさり自分の考えで釣果を挙げたのです。

その人は色んな釣りを過去にしていて、引き出しが凄い多いんですね。

一緒に釣りをしていて、え?そのルアー使うの?って思う時が良くありました。

それを目の当たりにして、多分こういう人が新しい釣り方を考えたりするんだろうなって感じました。

周りと違う釣り方を抵抗無く実行出来るということですね。

固定概念もくそも無いです(笑)

まとめ

如何でしたでしょうか?

もし、ある一定のパターンだけで釣りを続けていたりしているのであれば、今回の思考法で一歩踏み出して頂けたら幸いです。

すぐに結果が出るわけでは有りませんが、必ず将来の自分の釣果に繋がりハズです。

では!